茶道家から見た 着物の着付けに必要な小物とおすすめ便利グッズ【3.着物編】

着物の着付けに必要な小物たちのご紹介の「着物編」です。

>>> 前回の「着物の着付けに必要な小物とおすすめ便利グッズ【2.足袋と長じゅばん編】はこちら

それではさっそく見ていきましょう!



着物の着付けに必要な小物とおすすめ便利グッズ 着物編

着物着付け 必要な小道具

長じゅばんまで着たら、いよいよ着物ですね。 着物の着付けには3点の小物が必要となります。
  • 腰ひも
  • コーリンベルト
  • 伊達締め
それぞれ見ていきましょう。



腰ひもについて

腰ひも おすすめ

着物の丈を決めるための紐が腰ひもです。
帯を締めるときにも使います。

腰ひも用のベルトもあるんですが、私は腰ひも派です。

ベルトだと滑りやすいのか、どうしてもウエストの一番細い場所へ移動していくんですね。
着物とベルトの相性が悪いのか、するすると滑って移動します。

でも、絹の腰ひもはしっかりと締めたい場所で止まってくれています。

私は母からもらった身丈の短い着物や、リサイクルで購入した身丈が長いものなど いろんな着物があるので、おはしょりの長さの調整のために、それぞれ腰紐で結ぶ位置が変わるんですが、腰ひもだとばしっと決まります。

腰ひもは、ポリエステル100%のものや、綿とポリエステル混合のもの、モスリン、絹100%のものなどあります。

用途に分けて使う分けるのもいいかと思います。

私は、着物の腰ひもとしては、絹かモスリンですが、私は絹がお気に入りで使っています。

⇒ 絹の腰紐の詳細はこちら

そして、帯を上げるときとか、仮止め的に使う腰ひもはポリエステルのものを使います。

⇒ リーズナブルなポリエステルの詳細はこちら



コーリンベルト

コーリンベルト

コーリンベルトがあるのとないのとでは、着物の胸元の着崩れがずいぶんと違ってきます。
昔は伊達締めだけだったと思います。

私がこのコーリンベルトに初めて出会ったのは、懐石料理のお店のアルバイトの時です。
これがあると、着崩れしにくいとのことで、教えてもらいました。

前回、長じゅばんの着付け小物ででてきた「コーリン和装じめ」とよく似てますが、違うものなので注意してくださいね!

ちなみにこちらがコーリン和装締め

コーリン和装締め

着付け教室でもやっぱりいいですよと勧められたので、ずっとつかっていますね。

胸元の襟が崩れないように抑えてくれるので、着物姿でもよく動くときはこのコーリンベルトがあると心強いですね♪

⇒ コーリンベルトの詳細はこちら



伊達締め

着物着付け小物伊達締め

着物の胸元を抑えて、着崩れを防止し、帯を結びやすくするための小物です。
伊達締めは浴衣でも使います。

身丈を調節し、おはしょりができる女性は必ず使いますね。
男性は腰上げしないので使いません。

絹でも安く出てることがあるので、絹をお勧めします。

⇒ 正絹の伊達締めの詳細はこちら

次は「着物の着付けに必要な小物とおすすめ便利グッズ 帯編」をお届けします(^^♪



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント